地域

フラッシュモブって誰にお願いするの?

フラッシュモブって誰にお願いするの?

(公開: 2014年12月17日 (水)

最近話題のフラッシュモブ。

私は最初、日本では流行らないと思っていたけど、

思いの外人気みたいでびっくりした。

サプライズ4.jpg

参照:papimami.jp

この季節はイベントが多いから、フラッシュモブの需要も多いだろうね。

ところでフラッシュモブって誰がやっているんだろう?

まさか皆が素人ではないだろうし。

いろいろ調べてみたらどうやら代行会社があるみたいです。

フラッシュモブ大阪駅

フラッシュモブに興味ある人はぜひこのサイトを見てくださいね。


債権者へ借金

債権者へ借金

(公開: 2014年12月13日 (土)

特定調停というのも任意整理による解決とほぼ同じくそれらの債権者へ借金の支払いを続けていくことを選択した借金を整理する手順になります。

 

分かりやすく説明すると裁判所が間に入る負債整理となります。

 

任意整理による手続きと似ていて、破産申告と違って一定のお金のみをまとめていくことができますので、他に保証人が関与している借入金を別として手続きしたい際やマンションのローンを別として整理していく場合等でも活用することも可能ですし築き上げてきた資産を処分することは求められませんので自動車やマンションなどの個人資産を所有していて、放棄したくない状況であっても有効な債務整理の手続きです。

 

これからの返済額と手取り額を比較してある程度返済の計画を立てられるようなら特定調停での手続きを取ることが可能ですが自己破産と違い返済義務そのものが消えるということではありませんので借入金の額が大きい場合には現実には特定調停による手続きを踏むのは困難だということになるでしょう。

 

さらに、この方法だと公的機関が介在しますので司法書士等に見てもらわなくても立場が弱くなってしまうことはないということや手続きにおいての諸費用をおさえられるという良いところは良いのですが債権者それぞれの督促に対して本人が対応しなくてはいけない点や、所定の裁判所に幾度も行く手間を要するなどといった覚えておきたい点もあります。

 

それから、任意整理による解決と比較すると、調停が終わる段階で解決が得られない場合には求められている利息を全部含めた計画で渡していかなければいけないことや結果としてはお金の貸し手に対し払っていく合計額が任意整理による手続きと比べて高くなってしまうことが多いなどといったデメリットもあります。

 


しっかりとした返済計画

しっかりとした返済計画

(公開: 2014年12月 8日 (月)

免責不許可事由というものは破産しようとした人に、これこれの件に該当するなら借入金の免除を受理しませんとのラインを示したものです。

 

つまりは、極端に言ってしまうとお金を返すのが全然できないような状況でも、免責不許可事由に該当する時には借り入れのクリアを認めてもらえないこともあるということになります。

 

ということで手続きをして負債の免責を取りたい方における最も大きなステップがいわゆる「免責不許可事由」ということになります。

 

次は骨子となる要素のリストです。

 

※浪費やギャンブルなどで資本を乱費したり、借り入れを行った場合。

 

※破産財団となる相続財産を明らかにしなかったり壊したり債権を有する者に不利益となるように処理したとき。

 

※破産財団の金額を虚偽のもとに増大させたとき。

 

※破産の責任があるのにそれらの貸方に特別の利得をもたらす目的で担保を受け渡したり弁済前に負債を返済したとき。

 

※前時点において返済不能の状況にあるのに、事実を伏せて貸方を信じ込ませて続けて借金を提供させたりクレジットカードなどにて換金可能なものを決済したとき。

 

※ニセの貸方の名簿を機関に提示したとき。

 

※借金の免責の手続きの前7年以内に債務免除を受理されていたとき。

 

※破産法の定める破産宣告者の義務を違反した場合。

 

これら8つの点にあてはまらないのが条件なのですがこの内容だけで詳細な実例を考慮するのは、経験と知識がない場合簡単ではありません。

 

厄介な点は浪費やギャンブル「など」と書かれていることにより分かりますがギャンブルといってもそれ自体は数ある散財例のひとつにすぎず、ギャンブル以外にも具体例が挙げられていない内容が山のようにあるということです。

 

具体例として書いていない条件は、それぞれの状況を述べていくときりがなくなってしまい実際例として定めきれない場合や判例として残る裁判の判決に照らしたものがあるため例えばある申し出が該当するのかどうかは普通の人には判断がつかないことが多いです。

 

しかしながら、まさか自分が事由に当たるなどとは思ってもみなかった時でも判断を一度でも宣告されたら判定が無効になることはなく、借金が残るばかりか破産申告者であるゆえの立場を7年ものあいだ受け続けることになります。

 

免責不許可判定というぜひとも避けたい結果を回避するために破産申告を選択しようとしているときにわずかでも難しいと感じるところがあれば弁護士事務所に相談を依頼してみてもらいたいです。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。