プラスを大きくする事

FX投資初心者の方がマーケットの肝心なところを押さえるには、最初に取引を積んでいく事が大事です。

 

特に、あらかじめ危機を予期するようにするには、間違いを積み重ねることも体験のひとつです。

 

無論、間違いをするといっても、再起できないほど重大なミスをしてはいけない。

 

やり直しが効く負けを数回体験することが己の経験値を高めてくれるはずだ。

 

これを考えると、まず最初は少額で取引を行い、これでいくつか取り返しが付くマイナスを経験することを推奨します。

 

100万円だけしか投資する余裕が無い方が、最初から100万円を少しも残さないで投資して売り買いすると、負けた時立ち上がれなくなってしまう危険性があります。

 

それよりは、たとえば10%ずつ分けてトレードを行ない、そこで買ったり負けたりを積み重ねた方が段々とミスを埋め合わせる術なども学んでいくはずです。

 

まず最初に少額でトレードする事の良い点は、己の経験値を高め失敗を制御する術を覚える事にありますがそれと一緒に、注文の回数を多くする事で、危険性を減らせるという長所もあります。

 

仮に、1度だけの注文で利益を上げられる可能性が5割だと考えます。

 

同じだけ損失を生むリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の比率で勝利できる事を示しています。

 

だが、全部の資金をつぎ込んで1度のみの取引をするということは、勝つか、負けるかのいずれかになってしまう。

 

これは単なる賭け事と同じです。

 

結局のところ、全ての資金を賭けて1回だけしか売買しないと、それだけでは負ける危険性が大きくなります。

 

それだけに、投資するお金を1度に全部つぎ込むのではなく、いくつかに分けて回数を積む事がリスク分散となる。

 

そして何回かに分けたとしても全てのエントリーで儲ける事は大切ではありません。

 

勝てないのが本当のところです。

 

勝負で大事なのは、勝った回数ではなく、どれほどプラスに出来るかです。

http://kohbu.hatenablog.com/

勝ち負けが同じでも、勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。

 

7割負けても損が少額ならば、少ない勝ちの利益だけで相当利益を上げる事が出来ます。

 

そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることだ。

 

損益が出たら直ちに損切りして、それとは逆にプラスになる時には出来るだけ大きく利益を出す事が、FX初めての方がFXで成功する神髄です。