債権者へ借金

特定調停というのも任意整理による解決とほぼ同じくそれらの債権者へ借金の支払いを続けていくことを選択した借金を整理する手順になります。

 

分かりやすく説明すると裁判所が間に入る負債整理となります。

 

任意整理による手続きと似ていて、破産申告と違って一定のお金のみをまとめていくことができますので、他に保証人が関与している借入金を別として手続きしたい際やマンションのローンを別として整理していく場合等でも活用することも可能ですし築き上げてきた資産を処分することは求められませんので自動車やマンションなどの個人資産を所有していて、放棄したくない状況であっても有効な債務整理の手続きです。

 

これからの返済額と手取り額を比較してある程度返済の計画を立てられるようなら特定調停での手続きを取ることが可能ですが自己破産と違い返済義務そのものが消えるということではありませんので借入金の額が大きい場合には現実には特定調停による手続きを踏むのは困難だということになるでしょう。

 

さらに、この方法だと公的機関が介在しますので司法書士等に見てもらわなくても立場が弱くなってしまうことはないということや手続きにおいての諸費用をおさえられるという良いところは良いのですが債権者それぞれの督促に対して本人が対応しなくてはいけない点や、所定の裁判所に幾度も行く手間を要するなどといった覚えておきたい点もあります。

 

それから、任意整理による解決と比較すると、調停が終わる段階で解決が得られない場合には求められている利息を全部含めた計画で渡していかなければいけないことや結果としてはお金の貸し手に対し払っていく合計額が任意整理による手続きと比べて高くなってしまうことが多いなどといったデメリットもあります。